365日 Letter Style <紙飛行機ドットコム>

1年365日の時候の挨拶や結びの言葉を書きました

2019年 夏のご挨拶

暑中見舞い・残暑見舞い・夏のご挨拶の文例です
梅雨が明けると夏がやってきます。
夏のご挨拶や、暑さのお見舞いレターを送りたいですね。
送る相手によって、少し言葉を変えて文例を考えてみました。

2019年の小暑は7月7日、立秋は8月8日、処暑は8月23日です。
暑中見舞い  小暑 (7月7日)~ 立秋前(8月7日)まで
残暑見舞い  立秋 (8月8日)~ 処暑前(8月22日)まで

 

 

暑中見舞い 文例 <両親・親戚・目上の方>

暑中お見舞い申し上げます


■蝉の鳴き声が聞こえ始め、本格的な夏の到来を感じています。
 暑さが一層厳しくなりましたが、いかがおしのぎでしょうか。

■夏祭りでにぎわうころとなりました。
 楽しい夏をお過ごしのことと存じます。

■甲子園の切符を手に入れるため、高校球児たちが炎天下のもと白球を追っています。 
 〇〇様におかれましては、暑さに負けず、ご活躍のこととお慶び申し上げます。

■記録的な猛暑日が続いている今年の夏ですが、
 太陽のような〇〇様は、いかがお過ごしでしょうか。

■蝉時雨に包まれるこの頃、ご自愛の上、ますますのご発展をお祈りいたします。

 

 

 

暑中見舞い 文例 <友人>

暑さのお見舞い申し上げます

■楽しい夏が始まりました。
 そちらの街も夏祭りでにぎわっていることでしょう。

■太陽がエネルギッシュな季節となりました。
 暑さをいかがおしのぎでしょうか。

■まぶしいくらいの青い空です。
 おもしろい夏休みとなりますように。

■海山の恋しい季節ですね。
 夏を楽しみましょう。

■海や空の青さがキラキラ輝く季節です。
 どうぞ楽しい夏となりますように。

■太陽に向かって咲く大輪のヒマワリのように、
 暑さに負けず、楽しい夏を過ごしましょう。

■パワーみなぎる夏がやってきました。
 お祭りで、街もにぎやかになることでしょう。
 どうぞ楽しい夏をお過ごしください。

■楽しいイベント満載の夏となりますよう、お祈りしています。

 

 

 

残暑見舞い 文例 <両親・親戚・目上の方>

残暑お見舞い申し上げます

■残暑にも台風にも負けず、お健やかにお過ごしのことと存じます。

■甲子園では高校野球の熱戦が繰り広げられています。
 〇〇様におかれましても、高校球児に負けないパワーでのご活躍をお慶び申し上げます。

■立秋も過ぎましたが、しばらく暑さは残ります。
 疲れもたまりがちですので、どうぞご自愛くださいませ。
 今後もさらなるご活躍をお祈りしています。

■ご家族の皆様とにぎやかな思い出ができますよう、どうぞ残りの夏を愉しくお過ごしください。
 心地よい秋に向け、暑さのお疲れが出ませんように。

■お盆が過ぎ、朝夕は、涼風が立つようになりました。
 熱帯夜からも解放され、爽やかな朝をお迎えのことと存じます。

■秋の風を感じる瞬間が増えました。
 そろそろ、次の季節に移る時季がやってきたようです。
 新しい季節も、ますますのご活躍をお祈りしています。

■〇〇さんが実り多い秋をお迎えになりますよう、お祈りしています。

■どうぞ、夏の終わりにお疲れが出ませんように、ご自愛くださいませ。

 

 

残暑見舞い 文例 <友人>

夏のご挨拶を申し上げます

■こちらの街は盆踊りのにぎやかな音色が響いています。
 ○○さんも、そちらの街のイベントを楽しまれていることでしょう。

■秋に向かうこの季節、お元気にお過ごしのことと思います。
 
■秋風が待たれるこの時季は、夏のお疲れが出やすいころです。
 どうぞご自愛ください。

■暑さが厳しい夏ですが、いずれ秋がきて冬もやってきます。
 どうぞ秋の訪れを愉しめるよう、この夏もお元気でお過ごしください。

  

 

 

お中元のお礼 文例

ありがとうございます

■暑い日が続いておりますが、皆様お変わりございませんか。
 さて、このたびは、そちらの名産品を送っていただき、ありがとうございました。
 家族そろっておいしくいただいております。
 夏の暑さはまだまだ厳しくなりそうですので、体調にお気をつけてお過ごしください。
 お礼まで。

■盛夏の候、いかがお過ごしでしょうか。
 さて、本日は、丁寧な夏のご挨拶ををいただき、ありがとうございました。
 いつも〇〇さんのお心遣いに感謝しております。
 暑さ厳しき折、どうぞご自愛くださいませ。
 略儀ながら書中にてお礼を申し上げます。
 誠にありがとうございました。
 
■真夏日や猛暑日という、連日の暑さにお疲れは出ていらっしゃいませんか。
 わたしたち家族は、おかげ様で、元気に過ごしております。
 さて、このたびは、子どもたちも大好きなジュースを送っていただきありがとうございました。
 外から帰ってくると、冷えたジュースを目指して、冷蔵庫にまっしぐらです。
 家族そろって喜んでいただいております。
 お父様、お母様も、どうぞお身体にお気をつけてお過ごしください。
 まずはお礼まで。

■夏本番を迎えています。
 ご無沙汰してしまい、申し訳ございません。
 〇〇さんは、お変わりなくお元気にお過ごしのことと存じます。
 このたびは、夏に欠かすことができない、ビールを送っていただきありがとうございました。
 夫の好きな味まで覚えていていただき、とてもうれしく思っています。
 〇〇様ご家族も、どうぞ楽しい夏をお過ごしください。
 取り急ぎお礼まで。

 

  

 

英語を用いた夏の挨拶 文例

Summer greetings to you !

■Happy Summer Holidays!
 楽しい夏休みを!

■Have a nice summer.
 素敵な夏をお過ごしください

■I hone you are enjying the summer!
 夏を楽しんでくださいね。

■How are you enjoying your summer vacation?
 夏休みをいかがお過ごしでしょうか。
 

 

紙飛行機ドットコム